有料老人ホームでの福祉的サービスとは

有料老人ホームでの福祉的サービスとは

有料老人ホームに入居すると、どのような福祉的なサービスを受けることができるのでしょうか。もちろん、施設によって内容は異なりますが一般的なサービスについて紹介します。



まず、有料老人ホームに入居するには体が元気であることが必要になってきます。


寝たきりの状態であると、有料老人ホームへの入居を断られることが往々にしてあります。



杖やシルバーカーを使えば歩くことができるのであれば、入居することは可能です。

入居した当時は元気であっても、寝たきりの状態になった場合には特別養護老人ホームへの入居の手続きが行われ、退所となる場合もあります。
金銭管理であったり居室の清掃といった日常生活における支援をどこまでしてくれるのかは施設によりけりになってきます。



とある施設では、一定の介護が必要になったと施設側に判断されると、施設のサービスから福祉サービスへ変更となり介護保険の利用を開始します。

一定の判断される前であれば、受診の同行や居室の清掃、衣類の洗濯等施設のサービスで見てくれます。
施設が同じ建物にて介護保険の適応を認められている場合には、介護保険が適切であると判断されても同じ施設内にてヘルパーであったり、デイサービスといった福祉サービスをそのまま利用することができます。


施設外の事業所を紹介され、そちらに通わなければならない施設ももちろんあります。

毎日の食事ですが、基本的には施設で提供されるところが多いです。

有料老人ホームも様々な形態があります。
興味がある人は見学をしてみると良いでしょう。

Copyright (C) 2015 有料老人ホームでの福祉的サービスとは All Rights Reserved.