福祉施設としての有料老人ホームとは

福祉施設としての有料老人ホームとは

いま高齢化社会が深刻化しています。そのために様々な福祉施設や福祉サービスがあります。

素敵なOKWave情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

その福祉施設の1つに有料老人ホームがあります。


入居条件は年齢や健康状態によって異なります。


施設の特徴として大きく分けると「元気な方向け」と「介護が必要な方向け」の2つになります。



まず「元気な方向け」の施設の居室の設備はミニキッチンやお風呂などがついたマンションのような作りになっておりアクティビティのメニューもお風呂コンサートにバスツアー、ビリヤードにダーツと健常者と同じような生活ができるようになっています。一方「介護が必要な方向け」の居室の設備はトイレに洗面台がつきベッドを1台置けるくらいのスペースがあるワンルームタイプで介護がしやすい作りになっています。

アクティビティは散歩や園芸、カラオケといったその方の生活能力の維持や向上を目的としたメニューが多くなっています。



有料老人ホームは民間事業者が運営しているため初期費用は¥0から数千万円かかり月額費用も数万円から数十万円かかります。

それ以外に施設によっては設備や職員の体制によって対応できる処置やサービスによって「個別訓練加算」「医療機関連絡加算」「夜間看護体制加算」などの介護サービスが発生し、その1割を自己負担として月額費用に上乗せされます。
有料老人ホームは特別養護老人ホームなどの福祉施設とは利用料金もサービス内容も異なるため自分自身に最も適した施設の選定材料とすると良いと思います。

Copyright (C) 2015 福祉施設としての有料老人ホームとは All Rights Reserved.